B-339









集会所管理人バイロン
確かに、
 ここに居たのだ。






B-138b










集会所管理人バイロン
報酬担当官ロミナは……)






B-295














集会所管理人バイロン
確かに、ここにな……





B-289










B-290















B-258a




集会所管理人バイロン
ロミナは実に優秀だった。

 笑顔絶やさず、
 また、聡明で温和な人柄から、

 社会の摩擦、欲、責務と労務に
 疲れ帰った旅人にとって、
 報酬による達成感と共に、
 ロミナ自身
 女神の抱擁の如き振る舞い
 ある種の報酬として、
 多くの者が魅了されたことだろう。



B-298








集会所管理人バイロン
(その人となりに
 我々としても本当に助けられた。

 ヴェリカ集会所に従事する身としても
 実に鼻高く在れたものだ。)



B-206a







集会所管理人バイロン
(少々、気が強い面もあり
 それは裏を返せば
 芯の強さの表れでもあるが、
 時に分け隔てなく
 叱り付ける時もあり…… 

 しかし不思議と、
 その厳しさの向こうに
 愛を感じとれる。 



法や規則に括られる事のない、
形式ばった善行や秩序では成し得ない

本当に大切な事を教えてくれる。



 そんな女性でもあった。)



B-171a






集会所管理人バイロン
(ワシもいくつか、
 ハッ!とした時もあったな。

 規則規則と生きていると
 何が真に善き事かを忘れてしまう。
 そんな日々の中で出した結論は
 結局は井の中の蛙でしかない。

無意識的に
同じ結論を出したいが為に、
考えてるようで全く考えておらず
それ自体に自身が気づくには
相当の知性と神の如し視野… 
そして聡明さが求められるだろう。




B-172a






集会所管理人バイロン
バラカのその記憶力と再現性
 他の種族に類を見ないほどだ。

あらゆる文献の知識と、
あらゆる技術の仕組みを記憶し、
それを一字一句紛う事なく
その口頭にて継承
または書面へと写本し継承と成す。




B-170







集会所管理人バイロン
(ワシは、それを完璧に記憶し、
 一字一句確実に間違える事なく

 移し替える事が出来るのなら、
 それで継承は成されると思っていた。)



B-339









集会所管理人バイロン
(…ワシは、
 ロミナに助けられた事がある。

 規則は当然重要で
 人々を導く灯火ではある。

 だが、規則とは、
 そのもの自体が正しさであるからこそ

 それを扱う人間が…

 より慎重に、より吟味して
 振るう方向を見定めなければならない。

 規則を扱うのも、適用されるのも
 紛れも無く人なのだから、と。



B-334











集会所管理人バイロン
(ワシは多くの伝承や
 知識を継承せしバラカという種族。

 バラカの本分
 寸分たがわぬ精度と、
 永遠ともいえる継承性にあるが、
 そこに人心も加味されていないなら、

それは何もバラカという種族でなくても
記録媒体で継承すれば済む話だ、と。


 お恥ずかしながら、
 そうした説教を
 ロミナより受けた事がある)



B-279








集会所管理人バイロン
(ワシには師匠がおったが、
 耳にタコが出来るほどに
 言われていた事を思い出したよ。

ただ知識や伝承を継承していくだけならば
別に本や端末等の記録媒体でも用は足る。

だが  
そこに正しき方向性を見出し、
網羅された伝承と知識の中に
隠されたメッセージを紐解き
後世にまで語り継いでいくのは
機械では決して成し得ない事なのだと。

人がどう善くあるべきなのか。

それを常に念頭に置き、
見定める審美眼をその心に宿し
自身に核たる信念を持ち、
その真意を理解し得なければ、

バラカは他種族はおろか、
血も涙も通わぬ魂なき端末にも劣る…

そんなモノに成り下がるだろう、とな。




B-281







集会所管理人バイロン
(奇しくも、バラカにではなく、
 絶対の法と規律の信奉者である
 ハイエルフにそれを諭されるとは
 なんとも皮肉なものよ…



B-167b





集会所管理人バイロン
(だが、
 ロミナに言われるとなぜかスっ
 このココロに入ってくるのだ。

 その時、
 ふと頭の中にこの言葉が浮かんだ。



B-260a





集会所管理人バイロン
(これが、
 ワシの目指す『バラカ』とする種族の
 ありのままの姿なのかもしれない…

法や規則に括られる事なく、
形式ばった善行や秩序では
決して達する事のない真の継承…




B-258







集会所管理人バイロン
(ワシにバラカという種族としての
 誇りと唯一性。

 継承という曖昧な特性の真髄。

 その真の価値を見出させてくれた。)



B-206a







集会所管理人バイロン
(ワシは、
 ロミナに対して
 返しきれない恩義を受けた。

 この風体からよくネタにされたり
 小ばかにされたりするのがバラカ





B-115









集会所管理人バイロン
(ま、
 ポポリほどではないが…。







B-117










集会所管理人バイロン
(その時からだな。

 ヴェリカ集会所の面々
 篤く関わるべき仲間だと思ったのは。



B-118











集会所管理人バイロン
(その時、ワシは気づいたのだよ。)



B-171












集会所管理人バイロン
(ワシがロミナに観た、
 厳しさの裏にある愛…と感じたのは、

 叱る相手を、
 単なる厄介者とは見ておらず、

 ロミナにとっては、
 旧来の仲間や家族……
 それらと同じく見ているのだな、と。)



B-172












集会所管理人バイロン
(ワシは、
 ハイエルフ情の欠片もない
 秩序の執行者だと思っていた。

 ハイエルフであれば、
 その誰もがこれにあたるのだと。

 しかし、
 そうした偏見を通してしか
人を観れていなかった自身にこそ
問題があったのだという事を、
此処に確信するに至るわけである。




B-101b




集会所管理人バイロン
継承を担うバラカであるこのワシが

 ハイエルフについて
 誤って継承してしまうところだったよ。

 実にみっともない限りであった。)




B-322








白銀印章交換担当官セブリル
(…そんなハイエルフばっかりだったら
 アルレマンシアももっといい所に
 なったんじゃないかなー)



B-149












青銅印章交換担当官ショリン
(いいえ、それは違うわね。)



B-153a







青銅印章交換担当官ショリン
(太古より、なぜハイエルフは
 それ程までに秩序を重んじてきたか。

 時に、行過ぎた秩序は
 皮肉にも混沌と成り得る。

 あれほどまでの
 秩序を制度として維持し続け、
 数千万年の時の中で保ちゆくのは、
 並大抵の事ではありません。)



B-153a







青銅印章交換担当官ショリン
(聞けば、カイアトールとは違い、
 いかに上層部の親族であっても
 その秩序を乱せば一様に

 追放されるそうではありませんか。

 太古よりこのアルボレアの
 シャラ南部大陸に座した
 魔法国家アルレマンシア。

 対し、陸続くシャラ北部の位置に
 鍛冶帝国カイアトール。



B-153



青銅印章交換担当官ショリン
アルレマンシアがもし、
 堅牢なる秩序に徹していなければ

 あの粗暴で暴力的かつ
 自己中心的なアーマンに
 このアルボレア
 牛耳られていたとも想定します。)



B-248






白銀印章交換担当官セブリル
(そういうもんかねー?)



B-153a







青銅印章交換担当官ショリン
(こと、キャスタニックは
 その本質は流浪です。
 確かに細工技術は目を見張り
 その生来の勝負強さは
 他種族の群を抜いていますが

 一箇所に留まる事なく
 簡単に結果の出る
 目先の利益に容易に飛びつきます。

 それは往々にして
 法や道理に反するものです。



B-302







白銀印章交換担当官セブリル
(へーすごーい)



B-153a







青銅印章交換担当官ショリン
(ハイエルフが秩序ならば
 キャスタニックは混沌。

 かの本能的なアーマンですら
 かような秩序は持ち合わせています。

 そのキャスタニックが
 事もあろうに
 このハイエルフの
 秩序を弄するなど、愚の骨頂。



B-314







白銀印章交換担当官セブリル
(そっかー)



B-153









B-149












青銅印章交換担当官ショリン
(…………………)






B-276






B-277a


集会所事務員サラミア
(…………便利…)




B-151











黄金印章交換担当官アイシス
(………あれ、
 今度使わせてもらおっと☆)




B-169





集会所管理人バイロン
(……話は戻るが…

 そんなロミナが報酬担当官として
 このヴェリカ集会所を訪れ、
 ここでの仕事にも
 慣れ始めた頃の話となる。

 期間にして、
 およそ半年あまりか……)



B-260a





集会所管理人バイロン
(あるガチ勢が 
 このヴェリカ集会所
 利用する事となった。)



B-167b





集会所管理人バイロン
(名をバタハル・ヌアン。

 アーマン族の戦士で、
 自ら鍛造した馬車と武装で
 領間、市街間の護衛輸送、
 あらゆる経路での物資運搬といった
 輸送のスペシャリストだ。

 戦士としても一流で、
 輸送任務としてはこれほど
 適した人材は居ないだろう。)



B-279








集会所管理人バイロン
(そのバタハルは、
 かれらの故郷である
 カイアトールにおいては
 幹部の座についていた者だが、
 より多くの富を獲得すべく
 ヴェリカへと渡ったのである。)



B-278








集会所管理人バイロン
(彼は、このヴェリカにて
 多くの依頼と輸送を遂行し、
 着実に実績を挙げていた。

 元々の実力の高さもあり、
 また、彗星のように現れた
 期待の新人として
 当時のヴェリカにおいて、
一目置かれる存在ともなったし、
カイアトールにおいても
半ば英雄のような触れ込みで
バタハルを紹介したものだった。




B-298








集会所管理人バイロン
バタハルは主に
 正式登録ではない 闇輸送によって
 依頼を遂行していたが、

 獲得した名声にて
 より高次の取引も得られるだろうと、
 このヴェリカ集会所
 訪れる事になるのだった。)



B-258a




集会所管理人バイロン
(そこで依頼を受注、
 遂行していたある日の事…



B-170







集会所管理人バイロン
(いつも通りに依頼を吟味し
 任務へ向かおうとしていた時、

 バタハルは、
 勢いよく子供にぶつかってしまう)



B-282










集会所管理人バイロン
(そして信じられない事に、
子供を打ち据え、
怒鳴りつけたのだ…




B-303










白銀印章交換担当官セブリル
サイテー!!なんだそいつ!)




B-094a








集会所管理人バイロン
ロミナは子供に駆け寄った。
 どうやら骨折しているようだが、
 命に別状はなく安心したものの、
 
 年端もいかぬ子供にぶつかり、
 邪魔だと怒鳴りつけて殴りつけ
 尚も危害を加えようとする
 このアーマンに対し、
 ロミナ激怒した。



B-094















集会所管理人バイロン
いくら富と名声を得たところで、
 子供を慈しむ事なく、また
 他者の痛みを知れない者に
 幸福が宿るとお思いですか?
 
 アーマン族を背負っての所業、
 それを恥だと思わないのですか?

 即刻、
 この子に謝りなさい!と

 このバタハルを叱りつけた。)



B-173












集会所管理人バイロン
傲慢なアーマンの代表のような
 このバタハルは、
 鬼の形相となり、

 ロミナバタハル
 間近で睨み合う事十数秒…



B-171












集会所管理人バイロン
(ところで、
 なぜ集会所に子供が?

 思うかもしれない。

 その集会所には、
 ロミナを慕い、
 いつしか子供たちが集う
 集会所にもなっていたのだ。


 騒がしくもあったが、
 見ていて朗らかな気持ちになる。
 そういう事もあり、
 特に提言する事もなくあった。)



B-170













集会所管理人バイロン
(そこには、
 ロミナの子供も居た。

 家族二人の母子家庭。

子供の面倒を見ながら
勤務をこなすというのは、
当時のヴェリカには
なかなか難しいものがあった。




B-172












集会所管理人バイロン
(が、

 激務というものでもなく
 人が多く集まる集会所の特性上、
 一人二人と身内が居たところで
 そう変わらぬという判断で
 ヴェリカから直々に許可されていた。

 ヴァルキオン連合報酬担当官として
 ヴェリカ集会所で勤務する際に、
 ロミナはヴェリカへ
 直接子供の事を交渉したらしい。)



B-169





集会所管理人バイロン
アルレマンシア
 カイアトールでは
 こうはいかんだろうな。

 だが、この計らいが
 この問題の要因の
 ひとつとなってしまうのは、

 何ともいえぬ気にはなる…



B-339









集会所管理人バイロン
(実は、ぶつかったその拍子に
依頼物である結晶体を落とし、
割ってしまったのだ…




B-338








集会所管理人バイロン
(子供から
 ぶつかったわけでもないが
 取り返しのつかぬ事に他ならず、
 冗談では済まされない事だった。



B-336







集会所管理人バイロン
バタハルは、
 その責任をロミナにあると向けた。

 しかし、
 ロミナはまず
 子供に謝る事が先でしょう、と訴え。

それが果たされたのであれば
損失があるのなら賠償も致しますし
ヴェリカより処罰があるのならば
私はいかようにも受けましょう、と。




B-169










B-334











集会所管理人バイロン
二人は睨み合ったまま
 数分は居たな………





B-117















B-118





















B-115









集会所管理人バイロン
(と、さて…
 ここらで飲み物でもどうだ?




B-300










白銀印章交換担当官セブリル
お、キタコレ!!さんせーい)



B-201












黄金印章交換担当官アイシス
いっただっきまーす♪



B-153a







青銅印章交換担当官ショリン
(……はい、いただきます。)




B-167












集会所管理人バイロン
(さて、
 ワシもいただこうかの)




B-199














白金印章交換担当官ミーシャ
「あ、
 そろそろティータイムかしら」




B-201












黄金印章交換担当官アイシス
そうみたいねー♪




B-202











白金印章交換担当官ミーシャ
所長が直接動くって、
 どこまでもくだけてるわね、ほんと…




B-132












黄金印章交換担当官アイシス
アットホームな職場です♪
 


B-150












白銀印章交換担当官セブリル
(何そのブラック企業っぽいの)




B-274




集会所事務員サラミア
そこは喋ってもいい




B-245












白銀印章交換担当官セブリル
あ、ごっちゃになってた





B-089a









黄金印章交換担当官アイシス
これが
ヴェリカ集会所です♪





B-141a










B-203a

















B-266












白金印章交換担当官ミーシャ
「ま、悪くないわね…………











NEXT
⇒アスミンとアットホームなのです~ 



TERA・攻略ブログ

ぽちっとしてくれたおかげで
3位にうあー
みなさんありがとなのです!


- スポンサーリンク -