TF-16

メリーナ
何よっ、これ……」









TF-14

アスミン
「うあー」




TF-15

メリーナ
「こんな地形
 こんな波動
 何もなかったはず…

 これは一体
 どこに繋がってるのかしら…」





TF-53

アスミン
とぶのです~


メリーナ
あ、ダメ!
 アスミン!だめえ!





TF-41

アスミン
あうー?





TF-43

アスミン
「ここはどこなのです~?」



TF-42

アスミン
「あうー?」






TF-44

アスミン
あうー!







TF-45

アスミン
「こわいのです~」





ZT-26

メリーナ
「待ってて…」





ZT-25

メリーナ
「ここは、

 …なるほど。


 …わかったわ!
 今戻すからね。」










ZT-39

メリーナ
雛心成る者の
 旅翼へと比し…








ZU-102

メリーナ
汝、瞬転せよ!











TF-46

メリーナ
マピロ
    マハマ
       ディロマト!




TF-47

アスミン
「あうー」


メリーナ
「アスミン!

 もうっ!
 勝手に飛び込んだらダメでしょ!」






TF-48

アスミン
「ごめんなさいなのです~」


メリーナ
危険な空間だったら
 事前に私ならわかるし、
 転送を閉鎖
 するようには出来るから
 とりあえずなんとかなるけど…」






ZT-30

メリーナ
「これからは
 勝手に飛び込まないようにね!


 わかった?






TF-54

アスミン
わかりましたなのです~


メリーナ
「それじゃ、
 引き続き探索して!」








TF-55

アスミン
なのです!





TF-57

アスミン
「いくのです~」







TF-56

アスミン
「まわるのです~」






TF-18

メリーナ
「これは……



 ……えっと、

 ここから先の空間は
 別の空間となっているみたいね


 アスミン気をつけてね」






TF-17

アスミン
なのです~






TF-50

メリーナ
あっ!
 そこの魔素抽出しといて!

 何かの役に立つかも」






TF-51

アスミン
「なのです~」






TF-19

メリーナ
「あれ?」


アスミン
「あうー」






TF-20

アスミン
ひどいのです~


メリーナ
「状態からして
 結構経ってるわね

 持ち物を調べたいところだけど、

 そんな匂いのする
 アスミンはイヤだから…



 ひとまず後回しで他まわろう!」







TF-58

アスミン
なのです!







ZE-27

メリーナ
「でも、
 どうしてこんな所で…

 いわば
 封印された場所なわけよね…


 それなのに既に人が……?
 どういうことかしら……」







TF-22

メリーナ
あっ!
 あれって

 前線基地みたいなものね…

 誰もいないみたいだけど…」







TF-23

メリーナ
「見たところ
 がら空きに見えるけど

 魔法の結界が張られているわ…



 すごい…
 相当高度で強力な結界よ!

 しかも
 人間のみを通すようになってる」







TF-61

メリーナ
「一通りの補給物資は
 揃ってるみたい。

 ここで一体
 『何』に対して
 警戒していたのかしら…」


アスミン
「あうー?」







TF-24

メリーナ
「あ、それって…

 ……日誌!?

 それは貴重だわ!
 何かがわかるかも!

 見せてみて!






TF-25

アスミン
「なのです~」




━━━━━━━━━━━
2011年7月7日

これより
最重要国家機密Tを遂行する。

当該任務を遂行するにあたり、
自身の士気を維持する意味も込め、
本日より日誌を記そうと思う。

━━━━━━━━━━━ 
2011年7月8日

ポイントAに到着。

数十年前になるだろうか。
世話になった教官は
変わらず健在で
俺はしばし語り合う事となる。

そんな俺を見かねてか
参謀に突付かれるように後にし
ポイントBへと移動する。

━━━━━━━━━━━
2011年7月9日

調査も含め、
着実に土壌等の変化を検査する。

結果はA。

問題なしと出たようだ

ひとまず 太古の遺跡へと移動する。

指示があるまでここで待機だ。

十二分に
英気を養っておくとしよう。

━━━━━━━━━━━
2011年10月24日

いよいよ
Tプロジェクトαを実施する。

国家が誇る権威の叡智の結集だ。

きっと成功することだろう!


これより『崑崙』を使用し
『道』を開く事とする。

━━━━━━━━━━━
2011年同日

『道』は開け、
ついにかの大地へと
足を踏み入れる事となった

一歩一歩着実に進行する。
 

ひとまずポイントCへと向かう。

が、
後方にて何やら
凄まじい物音がしたようだ

しかし我々には
確認する余裕はない。

━━━━━━━━━━━
2011年同日

…これは
気が滅入る風景だな…

…慎重に進むこととしよう

━━━━━━━━━━━
2011年同日

ポイントCへと到着した。

作戦通りここに野営地を建築し、

翌日、
目標地点へと出立する事となる。

任務達成と士気向上の願掛けとし
高濃度の酒気を一気に煽った。

━━━━━━━━━━━
2011年10月25日

ここ、暗黒の大地……

権威らがこぼした言葉に
『黒い裂け目』というものがあったが、
ここの事を指していたのだろうか。

これより
最終ポイントへ向かう。

『崑崙』により扉は開かれ、
『世界の真の意味』を知る事が
きっと叶う事であろう!

我が精鋭部隊よ!
いつも通りの成果だ!

ただそれを出せば良い!
幸運を祈る!!

━━━━━━━━━━━







TF-59

アスミン
「あうー」








ZU-75

メリーナ
「えっと、これって…  
 7月7日


 偶然かしら…
 それとも……


 10月24日
 10月24日っていったら…」









ZU-95

メリーナ
「…………

 やはり…


 
 そういうことなのね……」









TA-30

メリーナ
「この暗黒の大地

 『黒い裂け目』のどこかに
 最終ポイント…」









TA-29

メリーナ
『扉』と呼ばれるものが
 存在するはず!


 アスミン!
 それを探すのよ!」







TF-60

アスミン
「なのです!」








NEXT
⇒アスミンとポイントにむかうのです~ 



[Elincafe]投票

よろしくお願いしますなのです~ 
第三代ポポリア領主狙うのです! 


TERA・攻略ブログブログランキング・にほんブログ村へオンラインゲームズ★ランキングページビューランキング TERAブログ巡回屋